出会い系サイトのデメリット

ロゴ
トップページ
<出会い系サイトはいい>
出会い系サイトのデメリットについてですが出会い系サイトといってもいろいろな種類のサイトがありますが、種類を間違えてしまうと場合によっては出会いを真剣に求めている人に対して時間の無駄になってしまったり、お金の無駄になるということもよくあります。出会い系サイトのデメリットではサクラがキーポイントではないでしょうけ。真剣に出会いを求めているのにやり取りをしていた相手がサクラだったということはよくあることなのです。出会い系サイトを利用するにあたって相手も見えないわけですし、メールアドレスも表示されませんから信用できるのかできないのかということはとても微妙な問題になっているのではないでしょうか。 出会い系サイトを利用してお金を取られただけで結局は出会いのチャンスなんてなかったという人も大勢います。出会い系サイトのデメリットはやはり相手も見えませんし、運営しているサイト会社自体が信頼できる所かどうかもわからないということではないでしょうか。出会い系サイトを選ぶときには十分にその辺のことを考えて選んだほうがいいかもしれませんね。中には、出会い系サイトを利用したためにひどい目にあったという人もいるようです。

<たくさんの出会い系サイト>
世の中にはたくさんの出会い系サイトがあります。しかし、実際はその過半数がサクラや迷惑メールなどを利用する悪質サイトであるといわれているのをご存知でしょうか?最近は法律が改正されたことによって、出会い系サイトの運営には公安委員会への申請が必要になりました。未成年でないことを確認するために利用者の身分を確認することも必要になったのです。これによって悪質サイトは減少傾向にあるとはいわれていますが、まだまだたくさんの悪質サイトが存在しているのが現状で、その中に健全な出会い系サイトが埋もれている状態なのです。 もちろん、悪質な出会い系で健全な出会いを果たすことは難しいでしょう。それどころか、なんらかの犯罪に巻き込まれてしまう可能性が高くなります。では、いったいどのようにして健全な出会い系を見つけ出せば良いのでしょうか? 現時点で、健全な出会い系サイトを探し出すための一つの目安として、課金が挙げられます。結論から言うと、課金ありのサイトから選ぶべきでしょう。現在、無料で合法的に出会い系サイトを運営することは、不可能に近いことです。完全無料である時点で悪質サイトと判断しても良いかもしれません。法律では利用者の身分証明書を提示することも法律で義務付けられていますし、出会い系サイトを運営するに当たっては公安委員会への申請も必要になっています。このような部分も利用する前に確認しておくべきでしょう。 他にも悪質サイトを見抜くために、知っておくと良いいくつかのポイントがあります。一つ目は会社名です。会社名がよくある名前だったり、画像のみだったりすることがありますが、これはいわゆる「さらし」への対策で、検索されたときにわざと上位に出てこないようにすることが目的の場合があります。二つ目はサイトそのもののです。サイト名がないのもさらし対策の可能性が高いです。サイトが一ページのみだったり、URLが長かったりする場合も怪しいでしょう。何かやましい事情があって海外サーバーを利用し、ページを量産している可能性が高いのです。これらも頭に入れておくとよいでしょう。


Copyright(c) 出会い系サイトのデメリット. All right reserved.